Python

さくらにPython3をインストールしたときのメモ

更新日:

さくらのレンタルサーバーではPythonが使えますが、2016年12月5日現在ではPythonのバージョンは2.7.6です。

% Python -V
>>Python 2.7.6

Python3をさくらで使えるようにセットアップしました。
以下はそのメモです。
↓ ↓ ↓

Python3のアーカイブファイルをダウンロードします

ダウンロードする場所としてworkディレクトリを作成します。
/home/<ユーザー名>/<ここにworkディレクトリを作成します>

ホームディレクトリに移動し、workディレクトリを作成後、Python3アーカイブファイルをダウンロードします。

% cd ~/
% mkdir work
% wget https://www.python.org/ftp/python/3.5.2/Python-3.5.2.tar.xz --no-check- certificate

最新のPythonアーカイブは以下のリンク先で確認してください。

ファイルを解凍します。

% tar -xjf Python-3.5.2.tar.xz

Python3をインストールします

解凍すると「Python-3.5.2」ディレクトリが作成されますので、そこに移動し、以下のコマンドを実行します。

% cd Python-3.5.2
% ./configure --prefix=$HOME/local/python/
% make
% make install

.cshrファイルを編集します

ホームディレクトリに移動

% cd ~/

viエディタで.cshrcファイルを編集します。

% vi .cshrc

.cshrcにPython3へのパスを追記します。
set path = ($path $HOME/local/python/bin)
setenv PYTHON $HOME/local/python
setenv PYTHONPATH $HOME/local/python/lib/python3.5/site-packages
setenv LD_LIBRARY_PATH $HOME/local/python/lib

1行目のは、
ネットで検索した参考記事では、
set path = ($HOME/local/python/bin)
と記述しているところが多かったですが、
これではうまくいきませんでした。

set path = ($path $HOME/local/python/bin)
としたところうまくいきました。

3、4行目の
setenv PYTHONPATH $HOME/local/python/lib/python3.5/site-packages
setenv LD_LIBRARY_PATH $HOME/local/python/lib

これはライブラリのパスです。
pipコマンドも使えるようになります。

ちなみにviエディタは「i」キー押下で編集モードになります。
ESC」押下でコマンドモードに戻ります。
dd」コマンドで1行削除
:q」コマンドで保存せずに終了
:wq」コマンドで保存して終了します。


インストールがうまくいったか確認します

保存してviエディタを終了したら、いったんターミナルを再起動します。

Python3がインストールできたか確認。

% python3 -V
>>>Python 3.5.2

pipのアップデートもしておきましょう

% pip install upgrade pip

以上です。

気になるブログがどのレンタルサーバーを使って運用しているかを簡単に調べる方法

人気ブログ、人気キーワードで検索上位に表示されているアフィリエイトサイトなど、気になるブログやサイトがどのレンタルサーバーを使って運用しているのか、簡単に調べる方法を紹介します。

【ドメイン取得会社別】主なドメインの新規取得&更新料金

ネット上の住所に当たるドメインの中でも一番末尾の「.com」 「.net」などをトップレベルドメインといいますが、この料金はドメイン取得会社によって結構違っています。 キャンペーン価格などで、新規取得 ...

 

-Python

Copyright© アフィリエイト&ウェブ制作のtips , 2018 All Rights Reserved.